ダーツ初心者のAフライトへの道

2012年8月22日に人生で初めてダーツをした僕「みぞれ」が、2012年中にAフライトを目指すチーム「ムーニーズ」に加入し、Aフライトへの道をまとめているブログです。日々の練習結果やダーツ用語やルールなどを忘れないようにこのブログでメモしてます。

タグ: グリップ

いま、強烈に知りたくてたまらないことは
自分にあった正しいグリップとテイクバック。

ポール師匠のDVDでグリップはなんとなくわかってきたんだけど、
テイクバック時に矢の先をボードに向けるべきなのかボードより上に向けるべきなのか。
そのとき指や手首の角度はどうするべきなのか。

うーん、プロが教えてくれるダーツバーにいって教えてもらおうかなぁ。

逆に言えば、グリップとテイクバックさえ「これだ!」というものがつかめたら
上達が速い気がしています。

日々研究、練習です!

ポール師匠によるダーツ上達法DVDを見ていたんですが、
グリップ(ダーツの持ち方)が自分とだいぶ違うことに気づきました。


※「グリップ」とは、ダーツの持ち方のことです。


ダーツを投げると、空中でフラフラしながらボードに向かうのを何とかしたいと思っていたので、
もう1度ポール師匠の教え通りにグリップを変えてみました。

新しいグリップで試し投げをしてみたら、見事に暴投・・・。
(ボードに当たらずにダーツが部屋の隅っこにハジケました…)

しかし、今までの投げ方よりも空中でダーツがフラフラしなくなりました。 


新しいグリップにまだなれずコントロールがより悪くなりましたが(苦笑)、
フラフラ対策ができたのでこのグリップで慣れていこうと思います。


ダーツのグリップって正解がなくて、
いろんな先生やプロによって言うことが違います。


「結局どういうグリップがいいんだよ・・・」という方は
ポール・リム師匠が初心者や中級者向けのグリップについて教えてくれていますよー!

8月22日に人生初ダーツをしてきたんですが、そのとき課題が見えてきました。

ダーツを投げたあと、ダーツがフラッフラしながらボードへ向かうんです。

ほかの人みたいにスッとボードへダーツが飛んでいかずに、
フラッフラしながらボードへ飛んでいくんですよねぇ。。

これは投げ方が悪いのか、持ち方(グリップ)が悪いのか…

原因を探していきながら、スッとダーツをボードへ飛ばせるように練習してみます。

このページのトップヘ