ダーツ初心者のAフライトへの道

2012年8月22日に人生で初めてダーツをした僕「みぞれ」が、2012年中にAフライトを目指すチーム「ムーニーズ」に加入し、Aフライトへの道をまとめているブログです。日々の練習結果やダーツ用語やルールなどを忘れないようにこのブログでメモしてます。

タグ: 自宅

得点も自動計算してくれるソフトダーツボード「ダーツライブ100S」を使っているので、
カウントアップやクリケット、01ゲームなどを自宅で練習できます。

DSCN4637
ダーツボード「ダーツライブ100S」+ダーツボードスタンド「DY01-BK



ダーツライブ100Sの得点自動計算機能を使って、
日々の自宅練習のカウントアップのスコア、成績をブログで公開しています。


▼ 8月29日のカウントアップのスコア

8月29日のカウントアップ平均点:364点(全20回)


▼ 過去のカウントアップのスコア、成績

8月28日のカウントアップ平均点:424.5点(全6回)





昨日よりもカウントアップの平均スコアが下がってしまうという…。

スローイングやフォーム、投げ方、グリップをもっと安定させたいなぁ。
いろいろと試しながらやっているからどうしても安定しない。

「これだ!」っていうスローイングやフォーム、投げ方、グリップ(ダーツの持ち方ね)が身につけば
あとは練習あるのみだと思うので、まずはしっくりくるスローイングやグリップをいろいろ試してみます。

さて、自宅でダーツの練習をするために注文した、
ダーツボード「ダーツライブ100S」とダーツボードスタンド「DY01-BK」


ダーツボードスタンドの方は注文した翌日に届いたのですが、
ダーツボードの方は土日も挟んでしまったので5日後に届きました。

まずはダーツボードスタンド「DY01-BK」を組み立てていきます。


▼ 開封したところ。

DSCN4632

 
▼ 説明書に添って組み立てていきます。組立途中。

DSCN4634


▼ はい!ダーツボードスタンドの完成です!

DSCN4636


ダーツボードスタンドの組立は30分くらいかかりました。

DIYとかされている方はもっと早く組み立てられると思います。
(逆に普段全くDIYなどやらない僕でも30分で作れました)




次に、このダーツボードスタンドに
ダーツボード「ダーツライブ 100S」をくっつける作業です。


DSCN4635


これが意外と大変でした。

まず、ダーツボードの中心(ブルの部分)の高さが床から173cmになるように高さを測って、
次にダーツボードスタンドのボード設置版にネジ(ビス)をさします。

結構ボード設置版が硬かったので、 ネジをさすのにチカラが必要でした。
女性やチカラのない人は男性に頼むか電動ドライバーを使ったほうが楽です。

ダーツボードスタンドにダーツボードをくっつけるのに30分ほどかかりました。


▼ いよいよ、自宅がダーツバーっぽくなりました!

DSCN4637


どうでしょうか?

今回買ったダーツボードスタンド「DY01-BK」は、
3段の棚もついているのでダーツや関連グッズもまとめておいておくことができます。

そして、ダーツボード「ダーツライブ100S」ですが、 
これ、ダーツバーにあるダーツライブと同じような効果音がなるので、テンション上がります!
(近いうちに動画でアップしますね)



ちなみにダーツライブ100Sには6本のソフトダーツもついているので、
マイダーツを持っていないお友だちやご家族とも自宅でダーツが楽しめます。

DSCN4639
 

2012年末までにAフライトになるため、 
自宅でもダーツバーのように楽しくダーツの練習をします!



▼ 今回買ったソフトダーツボードとダーツボードスタンド

DSCN4635
ダーツボード「ダーツライブ100S」


DSCN4636
ダーツボードスタンド「DY01-BK」

このページのトップヘ